日本のLARPの情報をまとめたり紹介しています

LARPの用語や基本的なコマンド

  • HOME »
  • LARPの用語や基本的なコマンド

LARPの基本的な用語やコマンドと呼ばれるものを書いています。しかしあくまでこれは(現状で使っている団体や人が多いものの)一例です。今後様々な団体やルールが生まれてくると意味は同じでも言葉は違うというものも生まれてくると思われます。

そういったことをご理解の上、お読みください(併記できるようであれば併記します)

 

 

LARPの用語

・GM
ゲームマスターです。世界を司っています。ルール確認なども含め、疑問はGMに確認しましょう。

なお、ソードワールド2.0LARPでは「NGM(ナレーションゲームマスター)」として状況説明を行うGMと「RGM(ルールゲームマスター)」としてルール管理を行うGMがいるなどゲームによっても異なることもあります。

・PC
プレイヤーキャラです。あなたはこの役として世界を生きています。

・NPC
ノンプレイヤーキャラです。それぞれのLARP世界ではそれぞれのNPCが生きています。あなたが話しかけるなどの行動を起こすことで、彼らは何かの情報やアイテムををくれたりするかもしれません。

LARPにはいろいろな種類があり、様々なコマンドがあります。その中でも(どのLARPでも使うであろう)基本的なコマンドをまとめました。ご参考になれば幸いです。

【全員が使えるコマンド】

・ストップ
ゲーム中に危険を感じた時に使うコマンドです。特に戦闘シーンで使うことが多いです。プレイヤーは集中してしまって周りが見えないことがあります。危険だなと思ったら、GM、PC、NPC、見学者関係なく、積極的に声を出し、ゲームをいったん安全な状態に仕切りなおして再開しましょう。

・メディック
リアル状態でケガなどが発生し、救急車などを呼ぶ必要がある時に使うコマンドです。当然ながら、使用せずに済むのが一番ですが、しなければいけないときは素早く使いましょう。

【GMのみが使えるコマンド】

・タイムイン
ゲーム開始の合図です。このコマンドがGMから発された時、あなたは山田太郎(本名とします)から、田中一郎(キャラ)になるでしょう。

・タイムアウト
シーン終了の合図です。これがGMから発せられた時、あなたは田中一郎(キャラ)から山田太郎に戻ります。

・フリーズ
ゲームにおいて、キャラが行動を起こすことで何らかのフラグが成立し、世界が変動します。GMからこの言葉が発せられた時、世界は止まります。あなたは目を閉じ、耳をふさぎ、ハミングで口ずさみましょう。GMのタイムインで再び世界が動き出した時、そこにあるのは秘められた扉が現れているかもしれません。

【その他】

その場にいない人物を表すときは、胸元で手を交差させ、バッテン印を作ります。この時あなたの姿は誰にも見えません。しかし、あなたもこの時知った情報はキャラとしては伝えることができませんし、あなたがキャラの時、バッテン印の人は見えないことになります。

これは、あくまで基本的なルールです。ゲームによっては「チェック」「ステイ」などGMから別のコマンドが発せられることがありますし、PC、NPCは戦闘魔法等のコマンドを持つことがあります。これについてはそれぞれのゲーム運営にご確認ください。
また、PCのコマンドはあくまで、GMに使うことを宣言し、GMがそのコマンドが成功したことを確認した時、初めて発動します。GMに観測されないコマンドは意味を為しませんのでご注意を(ゆるLARPなど状況に応じて変わるものもあります)

 

このHPでの戦闘ルールの記載について

 

LARPの戦闘ルールは様々なものがあります。演技戦闘とかフルコンタクトコンバットルールと呼ばれるものがあれば、非接触ルールやノンコンタクトルールと呼ばれるものもあります。また実際に直接的な戦いはしないものの接触はあるというものもあります。そこでこのHPでは以下のように記載しています。

物理型戦闘ルール

フルコンタクトコンバットや演技戦闘と呼ばれるものに代表されるPLが実際に闘うルール

 

論理型戦闘ルール

ノンコンタクトルールや非接触と呼ばれるものに代表される戦闘ルール。ジャンケンやカードなどで判定を行う

 

このサイトに関する問い合わせはこちらへどうぞ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © LARP chronicle All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.