【レポート】「秘密のオークション2」にスタッフ参加しました

今年に入り、関東に行った際、クトゥルーライブ:マスカレイドの皆さんからこんな話がありました。

「実は関西公演を考えているんだけれど、ご協力をお願いできますか?」

私の返事は「出来るなら協力します」でした。

 

その後、SkypeやDMなどで日程調整とか会場の紹介(実は最初考えていた場所が大人気過ぎて取れなかったとか)とか諸々ありまして、ついに発表がありました。

マスカレイドさんは最初大阪は団体としては未知の土地であり応募が大丈夫かなと心配されていたようですが、実際は応募は5分かからず埋まるという具合でした。

参加者には事前でアンケートを取り、その中で「誰をその役にしよう」といった話し合いを行ったりしておりました。

私も事前にいくつか準備は手伝っておりましたが、各種アイテム類の用意や参加者への連絡は全てマスカレイドさんでしたので、大変だったと思います。

 

前日に、会場のカギを借りて、当日の休憩用のお菓子とか飲み物を調達。会場案内のツイートとか上げてたりしてました。

 

当日、早めに会場のカギ開けようとしたら、電車の乗り換えミスったりしたのですが、それでもほぼ予定通りに鍵を開け、会場のセッティングを行っておりました。

そして、マスカレイドさんが到着。荷物も運びこみ、いざ本格的な準備開始です。

 

・・・・ここでトラブル発生。GMのパソコンが故障。予備を使用し、事なきを得ましたが、これが無いと情報共有危うい

 

時間になり、参加者の皆さんが集合。ほぼ予定通りにスタートします。

最初はルール説明。

これが終わってトイレ休憩・・・してゲーム開始なのですが、この休憩時間で時間があればみんなPCの自己紹介が始まる

(個人的感想、すごいなぁ・・・俺が参加者だった時あそこまで最初から積極的には動けなかったなぁ)

 

そして、ゲーム開始

 

・・・ドロンボー一味がいる?

・・・(ハンドアウトから逸脱しない範囲で)継ぎ足した独自設定それ?

・・・あるPCはオークションに参加する瞬間の他のPCの嫌そうな顔w

 

ネタバレに繋がりますのでこれ以上は言えませんが、自分が経験した流れとは全く違う流れの世界を見ることが出来、大変満足です。あと個人的に自分がゲームに参加した際に納得できなかったことがGMとして参加し、キチンと他のPCの設定やアイテムのネタバレを全部見たことで納得できました。そりゃそうなるわ。

また、GMの仕方にしても今まで見てきた他のゲームとは異なるやり方を行っており、メインGMとその他のGMの役割分担がキチンと出来ているからこそゲームが成立しているなという感想です。

 

最後のアフターでネタバレや交流会などもあり、和気藹々と参加者の皆さんが語り合っておられました。

 

またその後の打ち上げにも全員の方が来られ、今回のゲームにとらわれない話とかもあり、大変楽しい時間が流れました。

マスカレイドのメンバーの方が骨子を作り上げ、参加者の皆さんが紡ぎあげたゲームは唯一のものです

 

ありがとうございました!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です