2019冬コミのLARP関係について

本日は12月28日(土)です。

そろそろ皆さんも年末を感じておられるのではないでしょうか?

 

ということで、本日より年末のお祭りコミックマーケットです。今回は2日目の明日12月29日(日)に4つほどあるようですのでそれぞれ紹介したいと思います。

 

 

まずはレイムーンさん

メンバー合同誌(メンバーの書きたいことを書く)で過去発行した本を2つと新刊1冊

 

 

これに加え、クトゥルーライブ:マスカレイドにも所属しておられる「ましゅー」さんが全国のLARP関係者に呼びかけ集めた「LARPシナリオ大全」を委託頒布するそうです。シナリオの紹介ということですが、100本以上集まったということでこれは今後の資料となりそうです。

 

 

お次はゆるコンバットLARP代表の「黒槍」さんです。新刊は「とある冒険者の野営録」

 

最近のマイブームである「ファンタジー的なキャンプ」をフルカラーで再現された本です

 

続きましてはアビソミニア所属のちまさんの個人サークル「かぎかっこ、まる」さん

LARP装備を紹介する本です。

 

このツイートにある「隠しだね」も気になりますね

 

最後は「星渡りの歌」さんです。

こちらはそのものズバリ「LARPにつかえるかもしれない詠唱呪文のほん」ということで「魔法行使者のための身近な呪文構築入門」です。

 


個人的にはこの「呪文」が大変気になります。

 

 

これ以外にもファンタジーゲートの主催にも名を連ねてらっしゃる「コストマリー事務局」の「繻鳳花」さんや「大阪中世まつり」主催の「さかもち」さんなども出展されておられますので、そういったところに立ち寄られるのも一興かと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です