【レポート】SevenWondersに参加してきました(初日編)

この7月14日、15日に九州LARP7団体が集まって行われている「SevenWonders」に一般参加者として行っています。

 

ということで、レポートを

 

・九州謎プロジェクト「ユウレイだってLARPがしたい!」(ネタバレ解禁済)

謎解きではおなじみの九州の団体「九州謎プロジェクト」さん。全体的には謎解きテイストではあるものの、全ての謎を解ききってもハッピーエンドになるとは限らない(ハッピーエンドへの道は簡単にはなりますが)。謎を全て解かなくてもハッピーエンドにはつながる(かなり険しい道ですが)というように謎を解くだけではない面白さを提供してくれています。

 

・熊LARP「怪力乱神ヲ語ラズ」

情報量が多い。正直、よくGM1人で管理出来るなという量です(広さがあまりなく時間が短いから出来る芸当であって会場がもっと広かったり時間が長かったりすると無理じゃないかな)。使われない情報も数多くありそうです。

またこちらの公演は戦闘システムをアビソミニアの「ソムニティア」を使っていますが、狭い会場のため、エリア分けして戦闘を行うなどアレンジしていたのも特徴的でした。また、衣装などはキチンと全プレイヤー(PC,NPCとも)に貸し出されましたが、大変レベルが高いものでした。

 

・賑やか師「SCP財団へようこそ!〜博士のどきどき!SCPハンティングマシーン〜」

謎解き公演です!(キッパリ!)参加者は職員となりきり、ミッションをクリアする必要があります。ただ、普通の謎解き公演とは異なる要素もあり、またLARPですので職員になりきる楽しみもあります。こちらの公演は再演も考えておられるということで詳細は語れませんが、ぜひとも参加して楽しんでください。

 

・イベント制作団体カバル「The Dybbuk Boxes」

カバルオリジナルシステムの「Unbox」を使ったLARPです。今回参加した我らは運よくハッピーエンドとなりましたが、途中の展開が上手くいった部分は否定できません。また上手くいったのに・・・と思った部分もありました。かなりグロいアイテムもありますので、ホラー耐性のない方は十分注意してください。

 

初日に参加した公演は以上となります。

 

SevenWonders2日目の感想はまたの記事で書きますが、ここに挙げた4団体だけでも皆さん別システムで公演を行われており、いろいろな楽しみ方が可能となっています。

 

15日の2日目についても一部まだチケットが残っている公園があるようですので、興味ある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です